hunwari

いつかは一緒に
生きていきたい

あれから

お茶してから一週間が過ぎました。

彼のラインも

だんだんと前に戻りつつ

絵文字も増えてきて。


でも


お茶した日が遠くに

感じる。


あれからも

私はいつもどうり

仕事をし

家事をし

休みには

のんびり

買い物やウィンドーショッピング

ランチに行ったり。


彼がいても

いなくても

変わらず毎日が過ぎてく。


その現実に

どうしたらいいのか

また考えてしまう。